出前一丁だけじゃない!お土産に選びたい香港のカップヌードル

香港と言えば、出前一丁。出前一丁と言えば、香港
でも、カップヌードルだってすごいんです

私が、香港人と出前一丁の蜜月関係を知ったきっかけは映画「ラベンダー」から。ヒロイン役のケリー・チャンが、出前一丁ばっかり食べてて、戸棚を開けても出前一丁のストックがびっしり入ってて。正直、このシーンを見たとき

え、何?日清がスポンサーなの?ちょっとやり過ぎじゃない?

と思いました。しかし、その後、このシーンがスポンサーへのおべっかでもなんでもなく、「本当に、香港人は出前一丁が大好き」という事実を香港旅行の時に知ったのでした。実際に街のスーパーに出かけると、これまたたっくさんの種類の出前一丁が並んでいます。せっかくですから、香港に居る間中には全種類制覇できたらいいな、なんて思っています。

しかし、私はものすごくめんどくさがり屋。袋麺よりカップ麺を食べる機会の方が圧倒的に多いです。でも、その割には、私はカップ麺があんまり好きじゃない。正直、カップ麺で食べられるのはカップヌードルだけです。そう、香港では出前一丁に負けないくらいカップヌードルもたくさん種類があるのです!今回は、豊富な種類のカップヌードルの中から、近所のスーパーで売り場面積が大きかった4つを選んで食べてみました。

香辣海鮮味 スパイシーシーフード

スパイシーシーフード

売り場面積NO.1の広さを誇るスパイシーシーフード

スパイシーシーフード中身

お湯を入れる前(左) お湯を入れて3分経った状態(右)

  • 顔に汗が出てくるレベルの辛さ
  • シーフードヌードルのキムチ味バージョンということだけど、キムチ感はあまりない
  • 香港では人気NO.1なのか、ほかの種類と比べて圧倒的に広い売り場面積を取っている

2016年に行われたカップヌードル誕生45周年企画「世界のカップヌードル総選挙」で1位を取り、日本でも販売されたことがあるので食べたことがある人もいるかもしれません。香港では、店員さんが店頭で、それもお客さんがいる前でも普通に食事を摂ったりするんですが、このスパイシーシーフードを食べている店員さんを2人くらい見たことがあります。やっぱり、香港では絶対的NO.1なんでしょうね。

おススメ度:★★★

新加坡風味 黒胡椒蟹味 ブラックペッパークラブ

ブラックペッパークラブ

想像以上に辛口のブラックペッパークラブ

ブラックペッパークラブ中身

お湯を入れる前(左) お湯を入れて3分経った状態(右)

  • 唐辛子が少し入っているけど、それ以上に胡椒の辛さがきいていて、やや洋風のイメージ
  • 蟹味とあるけど、蟹感はあまりない。カニカマどこ?
  • 一見、醤油味のカップヌードルと変わらないが、スパイシーシーフードよりも辛い

決して激辛好きではないのですが、個人的には今回の4つの中ではこれが一番好きでした。「シンガポール風」と書いてありますが、黒コショウがきいていて、ちょっと洋風のカップヌードルのように感じました。同じ「カップヌードルの食べ比べ」をテーマにしている他のブロガーさんのブログを拝見すると、本場・シンガポールのブラックペッパークラブは別添えのスープか何かが付いている(香港には無い)&カニカマが多いみたいです。香港のブラックペッパークラブは、食べ終わった後に「あれ?カニカマ入ってたっけ?」って思ったぐらい印象に残りません。入ってましたっけ?これは個体差?

おススメ度:★★★★★

鮮蝦味 シュリンプ

シュリンプ

蝦盛りだくさんのシュリンプ

シュリンプ中身

お湯を入れる前(左) お湯を入れて3分経った状態(右)

  • 謎肉が入っていて、見た目は醤油味のカップヌードル
  • 辛さはなく、かすかーにエビの香りがする。神経を研ぎ澄ませて感じて!
  • エビがたくさん入っている

至って普通のカップヌードルです。目を閉じて、テレビの音を消して、静寂の中でスープをすすってみてください。かすかーにエビの香りを感じます。「謎肉がなんぼのもんじゃい!俺はカップヌードルのエビが好きなんだ!」というお友達にプレゼントしたい一品。気のせいかもしれませんが、XO醤海鮮味のエビと比べると、こころなしかエビが大き目のように感じました。個体差?

おススメ度:★★★

XO海鮮味 XO醤シーフード

XO醤シーフード

海鮮の香り漂うXO醤シーフード

XO醤シーフード中身

お湯を入れる前(左) お湯を入れて3分経った状態(右)

  • スープはシーフード味というよりも、醤油味寄り
  • 神経を研ぎ澄まさなくてもわかる、スープから漂う海鮮のかおり

こちらはもしかしたら、2017年8月の時点で日本でも販売しているかもしれませんね。「世界のカップヌードルサミット2017」という企画で販売している商品の一つのようです。2016年の「世界のカップヌードル総選挙」で上位だった商品のようなので、こちらも香港では大人気なのでしょうう。はっきりとわかるレベルで海鮮の香りを感じます。醤油味よりですけど、ちゃんとシーフードとしての役目を果たしています。辛い物が苦手な人はこちらに行くんじゃないでしょうかね。スパイシーシーフードと比べたら、私はXO醤シーフード派です。でも、お土産にするなら日本での販売期間が終わってからにするのがベストじゃないでしょうか。

おススメ度:★★★★

香港のカップヌードルは電子レンジでも作れる!?

電子レンジでも作れる!?

パッケージの側面に記載された電子レンジを使用したレシピ

コンビニ…線のラインまでお湯を入れてボタン2を押す。1~2分待つ。

どうせお湯入れるんだったら普通に3分待てば良くない?たった1分を惜しまなければならない程の忙しさって何?

ご家庭の場合~その1~…線のラインまでお湯を入れて800Wで30秒加熱し、1~2分待つ。

どうせお湯入れるんだったら普通に3分待てば良くない?たった30秒を惜しまなければならない程の忙しさって何?

英語は両方とも”hot water”で記載されていますが、熱水(コンビニ)と滾水(自宅)の違いって何ですかね?誰か教えて。

ご家庭の場合~その2~…線のラインまでを入れて800Wで3分加熱する。
この方法が一番、手間が省けて便利な気がしますね。やっぱり電子レンジで温めるからには、水から作れないと!

っていうか、”cold boiling water”って冷たい蒸留水ってことでいいんだよね?

うーん。私の場合、英語と広東語の説明書きがかなりネックの模様です。でも、全種類制覇したら、ちょっと実験的にやってみたいですね。なんていうか、初めて挑戦する味のカップヌードルでは作らないです。失敗したら嫌だから(笑)

他の種類のカップヌードルを食べたら、またレポートいたしますね。それでは!



最後まで読んでくださり、ありがとうございます。応援のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村