え!?北京ダックってこんなに食べていいの? 鹿鳴春飯店

ギラギラに暑い日々から一転、香港は台風13号、14号と立て続けにやってきて、雨が降ったりギラギラに晴れたりな日々が続いております。13号と14号の合間の休日に尖沙咀にある鹿鳴春飯店まで北京ダックを食べに行きました。

鹿鳴春飯店 Spring Deer

鹿鳴春飯店が入っているビルは、尖東駅のP3出口からすぐの場所にありました。私たちはシンフォニー・オブ・ライツを見てから鹿鳴春飯店に向かったのですが、ペニンシュラ香港から歩いて15分ぐらいの場所にありました。

シンフォニー・オブ・ライツが終わった20時15分頃に予約の電話(英語)を入れたら「21時なら空いてるよ」と言われました。ペニンシュラのおトイレを拝借して、夜のザ・ロビーで食事をしているお客さんを横目で偵察してからの出発。そこから歩いても21時よりだいぶ前についてしまうので、途中「お!こっちには焼き肉のふたごがある」「こっちには鶏ジローがある!」と言いながら、鹿鳴春飯店周辺をうろちょろしながら向かいました。

麼地道(Mody Road)から見える看板

麼地道(Mody Road)を歩いていくと看板が見える

麗東大廈の中にある看板

麗東大廈の中にある看板

鹿鳴春の入口

この看板の下にある階段を上ると鹿鳴春

21時少し前に到着したのですが、並んで待機しているお客さんが2~3組いました。私たちと同じ、シンフォニー・オブ・ライツを見てから来たと思われる日本人観光客が私たちの前に並んでいたのですが、店員さんから「今から1時間待ち」と言われていました。ここに行くときには必ず予約を入れたほうがよさそうです。カタコトの日本語が話せる店員さんが1人いたので、その方が電話に出てくれれば、日本語でも予約できるかも…と思いました。

店内の様子

店内の様子。お客さんがぎっしり詰まっている。ランチはわかりませんが、夜は相席させないお店のようです

お客さんのほとんどが家族連れでしたが、お誕生日会をやっているグループ、欧米人の観光客も何組か来ていました。欧米のガイドブックにも載っているのかもしれませんね。

周りのお客さんが頼んでいるメニューを確認すると、お誕生日会をやっているグループと観光客と思われるグループは北京ダックをメインに、家族連れは炒め物や点心をメインに注文しているグループが多かったように思います。私たちは、とてもおなかがすいていたので、麻婆豆腐、小籠包、北京ダックと青島ビール(3本!)を頼みました。

青島ビール

青島ビール。北京ダックに夢中で、油断した隙に夫が3本目を注文した。食えないフォアグラを作るつもりか!

お通しの漬物

お通しの漬物…。というより、酢キャベツ。

麻婆豆腐78HKD

麻婆豆腐(78HKD)

最初に到着した料理は麻婆豆腐(78HKD)。「マツコの知らない世界」を見てから、麻婆豆腐熱を発症していたので注文。全然辛くなくて、辛い物に年々弱くなってきている私にはありがたいぐらい、ガツガツいけるおかずでした。辛くしたい場合は、酢キャベツの向こう側にあるタレを入れて辛さを調整します。でも、それでも辛くない!北京ダックを食べさせるにはまだ早いお子様にはちょうど良いメニューかと思われます。

北京ダック

北京ダック。切り分ける前の写真が撮りたかった…。

次に到着したのは北京ダック(420HKD)。混雑していたためか、切り分けた状態で提供されました。一応、私たちのテーブルの近くで切り分けていたみたいなのですが、夫が座っているすぐ後ろで切っていたため、完全に死角で気がつきませんでした。

切り分ける前のお姿を一目見たかった…。

でも、この北京ダックめちゃくちゃたくさんありました。写真にはお皿1枚分しか映っていませんが、実はお皿2枚に分けて提供されていたのです。(写真に写っている量の2倍が提供されています)北京ダックがたくさんある分、薄餅もたくさんあってかなりおなかが膨れます。

ぺ…北京ダックってみんなでちまちま分け合って食べるものじゃないの!?
こんなにたくさんの量を2人だけで食べていいの!?
北京ダックを巻く

北京ダックを巻いてやる!

ちょっと、注文する量を間違えたかと思いましたが、一羽からの注文なので、これがこのお店で一番小さい北京ダックだと思います。また、北京ダックを注文しているグループを見ると、お誕生日会のグループ(8人ぐらい)は2羽頼んでいましたが、大体が2~3人で1羽頼んでいました。薄餅は厚めのモチモチタイプで、北京ダックを巻いて食べるとさっぱりしていて、食べやすかったです。

小籠包

北京ダックを食べている途中で小籠包が運ばれる

北京ダックを食べている途中で小籠包(90HKD)が運ばれたため、北京ダックを一時中断して一旦小籠包に専念しました。熱いものは熱いうちに、冷たいもは冷たいうちに!この小籠包は小さめで、あまり熱くなかったので、ひょいひょい食べてしまいました。

小籠包を終えて、再び北京ダックに戻ってガツガツ食べていたところ、異変が起きました…。

こ…この私が、途中でおなかいっぱいになってしまった…

本当に、本当に北京ダックのボリュームがありすぎて、なんと途中でおなかいっぱいになってしまいました。そして、まさかの夫までもおなかいっぱいに…。信じられない。麻婆と小籠包で調子に乗りすぎたからか、夫がビールを3本も注文したから、炭酸で腹が膨れてしまったからか…。食事量に絶対的自信がある私たち夫婦(デブと小デブ)は、あまりのショックで思いつく限りの敗因を考えました。

しかしふと横を見ると、隣の欧米人カップル2人組も手が止まっているではないですか。彼らは背が高く、筋肉質でいい感じに引き締まった体で、おそらくですが小食タイプではないと思います(体型と食事の量が必ずしもイコールであるとは限りませんが)。北京ダックと白いご飯しか注文していない彼らも途中でおなかがいっぱいになっているところを見ると、やはりこの北京ダックはボリュームがあるんだと思います。

北京ダックをお持ち帰り

北京ダックをお持ち帰り

幸いなことに、私たちは香港に住んでいるので、お店の方に頼んで、残った北京ダックをお持ち帰りして、翌日のブランチにすることにしました。少人数の旅行でこのお店を訪れる予定のある方は、ホテルに電子レンジがあるかを確認したほうがいいと思います。冷蔵庫に入れておいて、翌朝レンジでチンして食べても十分おいしかったです。タレは新しいものを入れてくれます。

もしかして、値上げした?

帰宅してから、なんとなく今年の4月に購入した「るるぶ 香港・マカオ’17」を開いたら、鹿鳴春飯店が掲載されていました。北京ダックの値段が380HKDと書いてあったのですが、2017年8月時点では、去年より40HKD値上げした420HKDです。レシートをもらうのを忘れたのでちゃんと確認していないのですが、香港の多くのレストランでは10%のサービス料が加算されるので、その場合は462HKDとなります。2017年版のるるぶをお持ちの方は、こちらの金額で予算を立ててください。

鹿鳴春飯店 Spring Deer

※Open Riceに飛びます

42 Mody Road, Tsim Sha Tsui


最後まで読んでくださり、ありがとうございます。応援のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村